最新の投稿

掃除機の用途に寄っての使い分け

掃除機の用途に寄っての使い分け 掃除をする際に欠かせない物と言えば掃除機です。昔は、箒一つで部屋中を掃除していましたが現在は、掃除機一つで素早く掃除を終わらせる事が出来ます。しかし掃除機一つにしても色々な種類や性能が有り使い分けが出来るタイプ迄出てきました。現在の主流としは、サイクロン式と紙パック式の二つに分かれます。違いとしては、サイクロン式は、ダストカップにゴミを集めるタイプですが紙パック式は、文字通り紙パックにゴミを集めるタイプです。それ以外にも吸引力の違いや排気した空気の違いなど性能は明らかに違います。そして一番違うのが価格です。サイクロン式は飽くまで平均ですが3〜6万円で紙パックは1〜2万と倍以上違います。

性能や価格に違いが有るからこそ選び方も自由で使い分けが出来る商品なのかも知れません。私は、サイクロンと紙パックの二つを持っています。基本的に家で使う場合は、サイクロンを使い車内や窓のサッシ等は、紙パックを使います。別に分ける必要が無いと感じる方も要ると思いますが。以外に使い分けをするとメリット・デメリットがハッキリ解って使っていて楽しいですよ。特に安価の紙パックは雑に扱っても中々壊れないので特に汚れる場所なんかは良く使います。